6年前、伯父(父の実姉の旦那)と父親が、同月に亡くなったんだ。
二人は血は繋がっていないけどとても仲が良くて近県に住んでいたこともあって、若いころは二人でよく出かけたりしていたそう。

私が社会人になった頃、その伯父は若くして認知症になってしまい、亡くなる数年前からは家族の名前も顔すらも判別できない位になってしまったのに、私の父の事だけは分かると言う状態だったらしい。

父も伯父の事をとても心配していて、暇があれば会いに行き、話しかけたり外に連れだしていた。

亡くなる前日、その日は一日中私の父の名を連呼していたそう。

伯父:「○○(父の名前)がもうすぐ来て一緒に出かけるから、服を用意しておけ」

また、入浴させる時には「○○は来たか?すぐ出るからビールを出して待っててもらって」といつもは言葉もままならない伯父がはっきりと喋っていたそうだ。

そのあともまるで父がそこにいるかのように会話をしていたらしく、伯母たちが、「とうとう頭がおかしくなっちゃったのかな?」と思っていたその翌日に息を引き取ったそう。

実はその頃父は交通事故に遭い、しばらく入院生活をしていて、外出許可が出ず伯父の葬儀に出られないのをとても悔やんでいた。
伯父が亡くなるちょっと前位から、「そういえば伯父が夢に出てきたなー」と話していて、「逢いに来てくれたのかなぁ」と言っていた。
しかし、父は退院後すぐに心筋梗塞で亡くなってしまったんだ。

伯父の死から3週間経っていたんですが、伯父の葬儀の場で伯母から上記の話を聞いていたのでそれを思い出してブルっとなったけど、今となっては、二人仲良く毎日お酒でも飲んでるでしょwって思ってる。

まぁ二人ともいい年だったし、寿命でお迎えが来ても不思議ではない年齢だったから、伯父が寂しくて連れて行ったとは思ってないけど・・・時期が偶然重なってしまった事で伯母が今でも引き摺ってしまっって可哀想・・・。