以前書いた病院を辞める直前の話。

日勤で普通に朝出勤すると、職場が『飛び降りがあった!!』と大騒ぎ。
その病院は糖尿の人の散歩の為、屋上は常時施錠していなかった(その後、時間解放になったらしい)。
飛んだのはまたもや産婦人科の患者様。

妊娠中毒症で入院中、マタニティブルーやら旦那の浮気やらで、ちょっとアレになってたらしい。
ドクター専用駐車場(ナース用は無かった。畜生)に落ちたブツはすでに回収されていて、「もうちょっと早ければ見れたのにね~」と同僚。
見たくねーよンなモン。

騒ぎも収まりかけて、仕事に戻りかけたら、警察が病棟に聞き込みに来た。

制服着たお巡りさんじゃなく、ブルゾンみたいなの着たホントの刑事さん。
『ウチの病棟関係無いじゃん?』とか思いつつ、手を動かしながら聞き耳立ててると、どうやら「誰か遺体の側に行って、何かやったか?」というのを調べてるらしい。

『おお、もしかして他殺の疑いが!!』とか思ってワクワクしてたら(←サイテー)、隣の病棟(例の産婦人科)からもう一人の刑事さんが・・・って思ってたら、そのちょっと前に俺の従姉妹と結婚した、県警の捜査一課の刑事さんだった。

お互い思わぬ所で会ってビックリ。

『あ~、その節は』
『イエイエとんでもない』とか大人の挨拶をしたあと、ちと雑談。

俺:『なんか、アヤシイ所でもあるんすか?』
刑:『いや、不審死は一応調べるから』

俺:『不審なんすか?』
刑:『事故でも自殺でも、はっきりする前は全部不審死』

俺:『でも自殺でしょ?かなりイッちゃってた人みたいだったし』
刑:『さっき聞いた。そうみたい』

その後、急に義理のイトコの目から、刑事さんの目になった。
鋭い鋭い、はっきり言ってビビッた。
声まで2オクターブぐらい低くなった。

刑:『ところで、本当に誰も御遺体に手を触れてないよね?』
俺:『(ちょっとビビりつつ)いや、救命できそうだったらなんかするでしょうけど・・・』

刑:『いや、そう言う事じゃなく・・・』

雰囲気はオッカナイままなのに、なんか困ってるカンジ。

刑:『飛び降りた人、まっすぐ落ちて、体の全面がまっ平らになっちゃった感じだったんだよね』

俺:『まあ、屋上から飛び降りたんなら・・・』
刑:『その拍子でだかなんだか、お腹の中の赤ちゃんまで、外に飛び出しちゃったみたいなんだ』

俺:『うげ・・・グロい』
刑:『破裂はしてなくて、股間から飛び出してたんだけど・・・』

刑:『・・・5ヶ月ぐらいの赤ちゃんって、動くかな?』話がトートツにかわって

ハア?

俺:『胎動とかはするでしょ?』
刑:『いやそうじゃなく・・・ハイハイとか』

俺:『はいはい?』
刑:『自力で動けるかって』

俺:『無理でしょ?』
刑:『だよね・・・』

俺:『なんで?』
刑:『飛び出した赤ちゃんが・・・お母さんの横まで、移動したのかなって』

俺:『・・・なんかの拍子で、そうなったんでしょ』
刑:『まあそうなんだろうけど、水(羊水?)が、ナメクジみたいに、上に移動しててさ・・・股間から、自力で這ったみたいに』