とある放課後、私は友人Kと共に図書室で勉強していました。

司書の先生は用事なのか部屋を出て行き、図書室には私達だけ、静かな状況でした。

お互いノートに視線を落とし勉強の手は休めず、向かい合って座りひそひそ声で話をしていたのですが、Kの返答がなく会話が途切れた数秒後、いきなりKは「うぅん~~~~~~」と抑揚のない、間延びした変な声を出し始めました。

私が驚き顔を上げると、Kは白目をむいてこちらを見て?います。
ぎょっとして固まっていると、Kはガクン!と音がしそうな勢いで首を項垂れ、起こし、のけぞり、起こし、今度はラジオ体操の首運動のようにゆっくりと首を右回し、左回しし始めました。

目はずっと白目で口は半開き、「あ~~~~~う~~~~~~ん~~~」とか唸り続けつつ。
肩までの長さの髪はバサバサと音を立て踊っています。

ひぃー、な、何かにとり憑かれたんか?!

私は体がこわばって声も出せず視線も外せずKを見つめていました。
Kは恐怖に打ち震える私をよそに、白目をむいたまましばらく同じような行動を繰り返した後、糸が切れたように頭から机に突っ伏しました。

「ゴン!!」

思い切り机に額を打ち付けた音がしました。

私ははっとして「K・・・大丈夫・・・?」恐る恐る声をかけると、Kは勢い良く身を起こし一言、「あー・・・めっっちゃ眠かった・・・!ていうか寝てた・・・」と。

聞けばどうやらKは今まで必死で眠気と闘いつつ私との会話を続けていたつもりらしい。

無駄な抵抗はせず寝てくれててよかったのにと心底思いました。