知り合いのMさんから聞いた話。

Mさんは今から20年ほど前に木造アパートに引っ越した。
ある朝、目が覚めると布団がぐっしょり濡れている。

いい歳して寝小便・・・?

確かめるも寝間着は濡れていない。
夜中に雨が降って窓から吹き込んだのかと思ったが、雨が降った形跡はなかった。

ある時、いつものようにトイレで用を足しレバーをまわすが水が流れない。
何度試しても水は流れず、近くに住む大家に来てもらうことにした。

「何回やっても流れんのよ」

試しに大家がレバーをまわすとあっさり水は流れた。
調子が悪いこともあるだろうと、その時はそれで終わったが、その後もMさんがやると水が流れない・・・大家がやると一回で流れる、ということがたびたびあったらしい。

ある日のこと。
Mさんは服を取り出そうとタンスの引き出しを引いた。

「あっ」

3段目を引いたところ、中が水で満たされていたのだった。
そのタンスは5段式の何の変哲もない木製タンスだ。

なんじゃこりゃ?と、取り出したセーターは、絞ったら水がだだ漏れるほどに濡れていたらしい。

おかしいと思って1段、2段目と見ていくが、まったく異常はない。
そして4段目を開けたところ、そこにも異常は見られなかった。

衣類から滴るほど浸水しているのなら、底を伝って4段目が濡れててもおかしくはないのに、5段ある引き出しの中で水浸しなのは3段目だけだった。

気味が悪くなったMさんは大家にその話をした。

何かいわくつきなんじゃないか?と問いただすが、大家にはまったく心当たりがないらしく、事故物件でもないらしかった。

その部屋に引っ越して間もなかったが、気味の悪くなったMさんは部屋を引き払うことにした。
大家もトイレの件などいろいろ聞いていたため、違約金を請求しなかった。

その後、Mさんはその話を友人のKさんに話した。
そういう類の話をまったく信じないKさんは一笑し、なら自分のかわりに私が住んでやると本当にその部屋に住みだしたのだった。

だが結果はMさんと同じ、Kさんはすぐに部屋を引き払った。
Mさんの言うとおりトイレの水は流れないし、とにかく水に関する不可解な出来事が起こるらしい。


Mさんは霊感が強いらしく、霊の目撃談や体験をいくつか聞きましたが、上記の話が一番印象に残ってます。