自分の中でも割に不可解な過去。
ちなみにオカルトはあまり信じてなくて楽しむ方。

俺が中学生の時の話。
卒業式後の日曜日、志望校から不合格の通知が来た。

肩を落としながらもとりあえず担任に報告をしに、夕方に学校へ向かう。
担任に「残念だったね」と言われて帰ろうとしたんだけど、そこでふと卒業証書(黒い筒の奴)をクラスの机に忘れたのを思い出した。

んでもって鍵を借りて、教室に向かった。

休日で誰も居ない校舎は当然静かで、廊下が夕日でオレンジ色に染まって、体育館からは下級生が部活をしてる音が聞こえる。
シチュエーションがモロに青春だなあ、とか馬鹿な事を考えながら二階の教室の扉の鍵を開けて、中に入った。

夕暮れの誰も居ない教室は無機質で、存外に不気味だった。
扉を閉めると体育館からの音も遠ざかり、一層辺りが静かになる。

整然と並んだ横のフックに何もかかってない机が並んでると、自分の席がどこか見失ってしまう。
それでも何とか見付けて机の奥の方から証書を引っ張り出した。
んで、顔をあげようとした瞬間、「バン!!」って音が教室に鳴り響いた。

当然俺は声をあげてビビる。

何かと思ってキョドりながら辺りを見回すと、綺麗に掃除された黒板のド真ん中に、手形が付いてた。

チョークの粉を手につけて張り手した跡。
ゾッとして慌てて教室から逃げ出す俺(でもきちんと鍵は閉めたw)。

オチらしいオチは特に無い、スマソ。
ただ、その日の帰宅途中にふと思い出したのが、三年間同じクラスで、三年生の途中に自殺しちゃった、不登校の女子生徒。

当時でさえ顔もロクに覚えてなかったし、向こうが俺を知ってたかどうかも怪しい。

卒業アルバムも今となっては行方不明。
もしその子だったとしたら、卒業したかったのかな――と思いながら自転車こぎつつ思いました。

以上、一応実体験の話です。
自分でまとめながら「嘘くせえな」と思いましたがw