かなり前だけど、5年勤めた木材加工工場が、大きな紡績工場跡地の一画に移転した。

ひと月程すると、材木の木目に、たくさんの顔らしきものが浮かび上がってきた。
それらしく見えるのには馴れていたから、材木を逆にしたり裏返したりしていた。

近接する住宅の地価が結構安いので、半分本気で購入を考えて調べてみると、その一帯は江戸時代は「さらし場」だったらしい。

紡績工場建設時にはかなりの数の人骨が出たという。

知ってしまうと妙なもので、数多くの顔にジロジロと見られているようで居心地が悪かった。

やがて事務所の女性事務員の腕に、二筋のタトゥがある幻覚を見るようになってしまう始末。

過労やストレスって半端じゃなく怖いよね。
早々に転職しました。

みなさんも気をつけて。