友人とふたりで長崎旅行した時のこと。

某ホテルのツインルームに泊まった。

坂道だらけの長崎の街を歩きまわってクタクタで戻ってきて、私が先にお風呂に入った。

お風呂から上がって友達と交代したあと、ドレッサーに向かって髪を乾かしながらテレビを見ていた。

見ていたのはプロ野球中継だったのでドライヤーで音声が聞こえなくても気にならなかった。

しばらくそういう状態だったんだけど、突然肩をポンポンと叩かれたので、もう友人が出たのかと思って「なに?」って振り向いたら部屋の中には誰もおらず、バスルームから音が聞こえていたのでノックしてドアを開けたら、友達がまだ入っていた。

おかしいなー・・・ドライヤのコードが肩に当たって叩かれたような勘違いしたのかな?と無理矢理自分を納得させて、友達が出るのを待った。

しばらくして友達が出てきたので、さっきこんなことがあって、おばけが出たのかと思ってドキッとしちゃったーって言ったら友達が真っ青になった。

聞くと、私がお風呂に入ってひとりの時に、ベッドの上で荷物の整理をして、その後ベッドから立ち上がったら足首をつかまれたような気がしたって言うのね。

恐る恐るベッドの下をみたけど、当然誰もいない。
っていうか人が入れるすき間はない。
何かに引っ掛けたのかな?気のせいかな?と思いながら気になってたって。

夜の8時ぐらいだったけど、怖くなってそこはチェックアウトして近くの別のホテルに泊まった。

フロントの人には「何か不都合がありましたか?」とか聞かれたけど、言ったら呪われるような気がして怖くて「急遽予定が変わった」としか言わなかった。

そのホテルはその年に閉館になって歴史あるホテルだったらしいけど、それ以来、少しぐらい高くても新しいホテルじゃないと怖くて泊まれなくなった。