とある旅先で駅を出てタクシーに乗ろうと思い、タクシー乗り場へと歩いて向かおうとしたところ、すれ違い様に足をかけられた。

その場で転んでしまい、荷物を一部ばら撒いてしまったのだが、足をかけた若い男はそのまま歩いて行こうとしていた。

雑に荷物をバッグに詰めて、足をかけた男に詰め寄ろうと思ったその時、タクシー乗り場に猛スピードでダンプが突進し、鉄筋の雨よけまで倒れるほどの大事故。

一瞬呆然とするも、ひとまず足をかけた男に駆け寄って、何で足をかけたりしたのか聞いてみたところ、「転んだくらいですむんだ、その方がいいだろ」とだけ言って、そのまま改札を通り、電車に乗って行ってしまった。

もしあのままタクシー乗り場に行っていたら、間違いなく巻き込まれていただろう。

あの男が一体なんだったのか、今でも謎で仕方が無い。