十数年前、小六の夏休み頃の話。

地元はかなりの田舎でめったに観光客なんか来るような所じゃなかった。

そのせいか、年寄りはヨソモノを毛嫌いし、昔ながらの風習だとか何とか意味の分からない事を言っていた。

夏休みになり俺は近所に住むAとよく二人で遊んでいた。

近くに川が流れていて、釣りをしたり泳いだり毎日のように朝から晩まで飽きずに遊んだ。

七月も終わる頃、いつものようにAと川に遊びに行った。
朝の8時頃だったと思う。

俺達が秘密のポイントと呼んでいた釣りの穴場に誰かがいるのが分かった。
対岸からその誰かを見ると麦わら帽子を被っていて同い年ぐらいのように見えた。

A:「お前誰じゃ!何組の奴じゃ!」

その子はただうつむいて竿を垂らしているだけ。
俺とAは川の向こう側に周り、その子に話かけた。

「あれ?見かけん顔じゃのう?転校生か?まぁええ。俺はA。こいつは◯◯(俺の名)って言うんじゃ!よろしくな」

その子は小さな声で、「◯◯(仮にBとする)です。よろしく」と、肌は白く第一印象は線の細い奴と思いながらも、すぐに友達になり一緒に遊びだした。

母と祖母に新しい友達が出来たとニコニコしながら話した。

いつものようにAとBと俺で川で遊んでいると、「おぉ~い」と原付にまたがった父がこっちに向かって手を振りながら、「もうすぐ暗くなるけぇ、二人共早よぉ帰れよぉ」と、そう言ってそそくさと帰っていった。
AかBが見えなかったんだろうと深く考えていなかった。

空が夕陽に染まりだし、三人で帰る事にした。

ふとBが、「僕、もっと遊びたいなA君、◯◯君もう少しだけ遊ばない?」

俺は父に怒られるのが怖くて誘いを断り、AとBを残して走って家に帰った。
家に着くと中が騒がしかった。

ただいまと言うと父が驚いた顔をして泣きながらビンタをしてきた。
頭の中が??だらけで、母と祖母も駆け寄って来て泣きながら俺を抱き締めた。

近所の人も口々に良かった良かったと泣いていた。

話を聞くと夜になっても帰って来ない俺達に捜索願いが出ていて三日経っていて諦めかけた頃に俺が帰ってきたらしい。

俺は父と話してから、まっすぐ家に帰って来たと一生懸命説明した。
AとBも少し遊んでから帰ってきてるはず!と。

父はハッとした顔をして、「B!?誰にそんな事聞いてきたんぞ!」

父は血相を変え、俺を連れていつも遊んでいた場所まで行った。

Aの両親も来ていて、指を差しながら説明していた時、ドッボーンッと暗い川の中で大きな音がした。

ライトを向けると波紋だけが広がっていた。

すると、「A~!!」と叫ぶ声がした。

川の対岸を見るとAがこっちに向かって手を振っていた。
Aの両親が川に飛び込み対岸に届く寸前、Aは川に飛び込みそれっきり浮かんでこなかった。

それから数日後、祖母にBとは誰かを聞いた。

祖母:「Bは忌み嫌われた子」

そうとしか教えてくれなかった。
ただこの世の者ではないと言って、「もうこの話はするな」と言った。

未だにAは帰って来ていない。
もしかしたら、まだBと遊んでいるのかもしれない。