杣人のKさんから聞いた話。

山での仕事を終え、仲間と道端で一服していると、上方の斜面を知人のEさんが下っているのが見えた。

奇妙なことに、和装の女性がぴったりと後ろに寄り添っている。
Eさんは、ヒョコヒョコと妙な歩き方で、杣道も通らずに斜面を真っすぐ突っ切ってくると、急勾配の法面を転がり落ち、最後は道路にどさりと横たわった。

女性のほうはというと、木立が途切れたあたりで立ち止まり、Kさんと仲間がEさんの方へ駆け寄るのを見届けると、ヒラリヒラリと山の奥へ斜面を登って消えた。

Kさん:「おい!大丈夫か!」

Kさんが声を掛けたが、Eさんは気を失っており返事もしない。
とりあえず車に乗せ、そのまま病院へ担ぎ込んだ。

診断の結果、Eさんは足を骨折していたことが分かった。
玉切りしている最中に転がった大木に足を挟まれてしまい、激痛で動くこともできず、その場で気を失ってしまったらしい。

その後の記憶は全くない・・・ということなので、Eさんは意識が無いまま、斜面を数百m下ってきたことになる。

また、診断した医者によると、Eさんの足は「平地ですら歩くのは困難」な状態だったらしい。

「山の神さんが俺を助けてくれたんだろうな・・・」

Eさんは、病院のベッドで不自由な足をさすりつつ、山の方向に向かって無言で頭を下げた。