今から20年ほど前の話。
当時俺は中一で3人兄弟の末っ子。

8歳上の姉は看護師をしており、実家を出てアパートで一人暮らしを始めていた。

夏の夜。
ひとり寝ていると、ふと誰かに呼ばれた気がして目が覚めた。
まだ深夜。

気のせいだと思いもう一度眠ろうとすると、今度はハッキリ姉の声で名前を呼ばれた。
びっくりして飛び起きたが、部屋に自分以外誰もいない。

恐くなり寝ている母に「お姉ちゃんが呼んでる」と訴えるが、寝ぼけていると取り合ってはもらえず。

仕方なく自室へ帰り、事故とかで死ぬ前に会いに来たんじゃないか??と心配しつつもそのまま眠ってしまった。。。

後日姉に会った時、この話をしたところ「それはいつの話?」と聞いてくる。
もう今は忘れてしまったが、◯月◯日の何時頃と俺は答える。

◯月◯日深夜姉自宅アパート。
仕事を終え風呂に入り、ビールを飲みながらテレビを見ていた。
しばらくしてうとうとし始めた頃、玄関先から俺の声で「お姉ちゃん」と聞こえたそうだ。
しかも2回。

姉は俺の名前を呼んだらしいが、返事は無かったと。
同じ日の同じ時刻に兄弟全く別の場所にいながら二人とも呼び合っている。。。

これは俺が幽体離脱したということなのか?
それとも姉が?

今でも不思議でしょうがない。