これは今から十数年前、自分がまだ小学生か中学生くらいの頃の話。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、マンションやビルの4~6階というのはいわゆる幽霊話が多い様でして、自分の住んでいたマンションも丁度6階でした。

もともと購入する時点で他の部屋より少々お安かったようですが、当時はかなりの人気物件だったそうです。

小さい一室ながら子供部屋や書斎、リビングなどに細かく分けてこの6階の部屋で両親と妹で暮らしていたのですが、ある時書斎に置いてある椅子(よくある回転ソファの様な物です)を妹がクルクルと回して遊んでいました。

歳の離れた妹でしたし、倒れればなかなの重さのある代物ですので心配になり声を掛けました。

すると何故か真後ろから「なに?」と妹の声がしたのです。
ギョッとして後ろを向くと妹が不思議そうに此方をみています。

見間違いかと苦笑しながら書斎に目をやると、椅子だけがクルクルと回り続けていました。

正直なところ、オカルトや怖い話の類は大好きでしたが見間違いや気のせいということで、その場は無理に自分を納得させることにしました。

それから数日後の夜でした。

一人洗面所で歯を磨いているとタタタタッと洗面所横の廊下を何かが駆け抜けて行きました。

慌てて洗面所からそれが駆け抜けていった先を見ましたが、玄関のドアがあるばかり。
しかし自分には髪を振り乱して走り抜ける子供の姿がチラと横目に見えたような気がします。

今ではやはり見間違いでも白昼夢でも無かったような気がします。

あの日の妹の服装はワンピース、その子が着ていたのは・・・モンペだったのですから。

もう姿を見ることは無くなりましたが、実は今でも時々小さな足音が聞こえます。
それがあの子なのか別の子なのかは自分には分かりません。

・・・あのマンション引っ越したんですけどね。
何か付いてきちゃったのは確かみたいです。

稚拙な長文失礼致しました。