いとこの話。

うちの近くには地域ではわりと有名な心霊スポットがいくつかあって、その中に昔自殺者が出たっていうマンション(アパート?)がある。

過疎化が進んでるもので、いまは誰も住んでなくて廃墟になってる(けどわりと綺麗)んだけど、いとこが友達とそこに行ってきた。

その自殺者が出たっていう部屋は一階にあるらしいんだけど、どの部屋かは分からないまま行ったらしい。

中に入ると、並んでるドアのほとんどが鍵が掛かっているのか、開かない。
一ヶ所だけ鍵が掛かってない部屋があって、一通り回った後ビクビクしながらそのドアを開けた・・・が、特に何もない。何も起きない。

拍子抜けして帰路に着く。
マンションを出てすぐ、ヤンキー集団(ツッコミ無用)とすれ違う。

「あいつらも肝試しかー」なんて思ってると、帰り際マンションの方から高い女の声の悲鳴が聞こえた。

「あれ?さっきすれ違った中に女の子いたんだっけ?」と思いつつ、車に乗り込み近くのコンビニへ。

しばらくコンビニで談笑していると、さっきすれ違ったヤンキー達もコンビニにやって来た。

・・・あれ?女の子がいない。

「そっちに女の子いなかった?」と何気なく聞いてみると、「最初からいないっスよ?」との返事・・・。

あれ?と思いつつも、同じ場所に行った親近感からか何となくヤンキー達と話が盛り上がり、さっきのマンションの話が始まった。

いとこ達は「あのマンション、一部屋だけ入れたよねぇ?」とヤンキー達に尋ねた。

『は?』
「だから、一部屋だけ開いてたでしょ?中に入らなかったの?」

『いや、入ったけど・・・』

顔を見合わせるヤンキー達。

『俺ら入ったときは、一部屋だけ開かなかったんスよ。あとは全部開いてた』

いとこ達はそれを聞いて鳥肌が立ったそうです。