知り合いの話。

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。
その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

山村に逗留していると、そこの男が奇妙な乾物を幾つか持ち込んできた。
薄紫がかった灰白色の植物のものだ。
掌からはみ出すほどの大きさがある。

訛りの酷い男の話を聞くうち、これがある種の冬虫夏草らしいとわかった。

最も中国で冬虫夏草と呼べるのは、特定種類の蛾の幼虫に寄生する物だけらしいので、ここでは単に虫草と記しておく。

男:『ただの虫草じゃないよ』

自慢気に男は続けた。

男:『これは人の死体にだけ憑いて生える、特別なヤツなんだ』

不意に幻覚に襲われた。
倒れ伏した腐乱死体から、今手にしている草が幾つも幾つも生え伸びている風景。
非常におぞましい感じを覚えたのだという。

知り合い:「えらく高いこと吹っ掛けられたんで、結局買わなかったのですけどね」

少しだけ笑いながら彼はそう言っていた。

逗留していた山から下りて、街で馴染みの薬屋と一杯飲んでいた夜のこと。
話がてら「そういえば、変な虫草を売りに来た男がいました」と何気なく漏らす。
話を聞いた薬屋は顔を顰めた。

薬屋:『買ってないだろうな。買ってたら直ぐに焼け。身に近づけるな』

そして何か汚らしい、そして恐ろしい物を見るような目付きで彼を見た。

知り合い:「まさかアレは危ない代物だったのですか?」

どうにも気になって尋ねたという。

薬屋がいうには、彼が籠もっていた山の更に上の方に、ある少数民族が住んでおり、そこに小さな村を構えているのだと。

そこの住人には自分の死期を悟る能力があって、寿命が来ると山の高みに登って姿を消す。

住人がいなくなって後しばらくしてから、その家族が遺体を探しに山を登る。
程なく見つかる遺体には、彼が見たあの虫草がビッシリと生えているのだと。

遺体はそのまま山に還るに任せ、草だけを刈ってから山を下りる。

そしてその草を村民皆で煮て食べるのが、その村流の葬儀であるらしい。

薬屋:『村はとんでもなく高い所にあるってんだが、住んでる奴ら皆が皆、異常に健康体なんだと。あの草と何らかの共生関係にあるのかもしれん。お前さんな、もうこれからは高い山に登らん方がいい。あの虫草はどうも、ある一定の高度になると、宿主の体内で発芽してるみたいなんだ。だから死期を悟った住人は、そこまで登ってから死を待つという話だ』

薬屋はこうも続けた。

薬屋:『彼らは本当に寿命がわかったから、そんな行動を取っているのかねぇ?実はすべてが思い込みに過ぎなくて、体内の虫草が繁殖したくなったから、高い所に登らされてるんじゃないか、操られてるんじゃないか・・・ってのは考え過ぎかねぇ?』

そして、芝居気たっぷりにこう付け加えた。

薬屋:『あくまでも、私が考えるだけだけど・・・ね』

知り合い:「信じた訳じゃないですけど。以来、高い山にはほとんど登ってないですねえ」

苦笑しながらこう続けた。

知り合い:「富士山、もう一回くらい登っときたいのですけど。どうしましょうかねえ」