私は都内で事務職をしている者です。

先日、仕事のあと同僚の女の子たちといっしょに飲んでから、板橋の自分のアパートに帰ってきた後のことです。

壁際にある机に座って、手鏡をもってメイクを落としていたのですが、ふと鏡に何かが映った気がして、鏡の角度を変えたのです。
その途端、私の後ろのタンスの上から私を見下ろしている日本人形と目が合いました。
真っ白な顔をして赤い着物を来た日本人形がタンスの上に立って、うつむき加減に私を見ていたのです。

もちろん私の部屋には日本人形などありません。

「ひっ」と叫んで手鏡を落としてしまった私は、すごい速さで振り向きました。
タンスの上には何もありませんでした・・・。

とても怖かったのですが、子供の頃から科学雑誌とかが好きな私はオカルトを信じないたちで、何かの拍子にありもしないものを見てしまったのだと自分を納得させて、その晩は寝ました。

そのまま何もないままに一週間ほどが過ぎました。
そしてある夜、私はお風呂から上がって発泡酒を飲みながら小さな液晶テレビでニュースを見ていました。

そのとき、私は視界の中に何か違和感を感じました。
とても嫌な予感を感じたのですが、勝手に目がそちらに向いてしまいました。

カーテンを閉め忘れた窓にそれは映っていました。

ベッドの上に立ってこちらをじっと見つめる日本人形が・・・。
私はいてもたってもいられず、ベッドの方を見ないようにして携帯電話だけを持って家を飛び出しました。

今は同僚の家に泊めてもらって、引っ越し業者にすべて頼のみ、引っ越しの作業が終わるのを待っているところです。

大家さんは心当たりがないと言うし、いったいあの人形は何なのでしょう。