実家が群馬でかなり親戚の多い家系。
本家が古くてデカい日本家屋なんだけど、その中の和室のひとつに、寝ると絶対悪夢を見る部屋ってのがある。

具体的に言うと、夢の中に包丁を持った変な婆さんが出て来て延々説教をされるらしい。
話を中断させたりすると刺されるらしい。

別にそれで死ぬとかは今の所無いらしいけど、兎に角痛いって話。
盆暮れ正月に親戚が結構な数集まるんだけど、その話を聞いてみると、面白半分で寝てみて悪夢を見たって人が結構な数いた。

延々お前の親父はろくでなしだって言われたり、家の間取りが悪いみたいな事を延々言われて、飽きてきてブッっと屁をこいたら刺されたとか。

お前はとにかくダメだって言われ続けたとかもいたらしい。

ちなみにその婆ちゃんが何者なのかは今の所さっぱりらしい。

67の叔父に聞いてみたけど、あんなババァ知らんって言われた。
婆ちゃんの正体は依然として謎。