父が見た幽霊話。

小さい時に親族15人くらい集まってバスを借りて旅行に行ってた。

大きな湖の近くにテントを張ってBBQ。
運悪く途中で大雨になってしまい、さすがにテントの中でも寝れそうにないくらいの酷い土砂降りだったので、バスで寝ることになったんだけど、大人はお酒も入っていてバスの前方で宴会。

最終的に父と叔父だけが起きて二人で飲んでいたら、外から車体を何度もコツコツと叩く音が・・・。

窓から外を見るとレインコート?を来た若そうな女性が傘も差さずに突っ立っていて、父と叔父は『こんな雨降りの真夜中にずぶ濡れの女が・・・幽霊か?』とゾッとしたらしい・・・。
でも足もある。

とにかくずぶ濡れじゃかわいそうだからと、タオルを貸すから中に入りなさいと促したが、「中には入れないので外に出てきてほしい」と言うばかり。

こちらも土砂降りだし外に出てわざわざ濡れたくない・・・。
「何か傘や拭くものが必要ならあげるから持っていきなさい」と言ったら黙って去ってしまったそう。

二人は「なんであんなに頑なに断るんだ?」と不思議に思い、あることに気が付いたらしい。

現在地は山道の国道からさらに数キロも奥に入った所。
近くに民家はなければ、こんな夜中に一人で歩いて来るようなところでもない。

そこで二人はハッ!!として酔いもさめて無理やり寝たんだそう。
翌朝にその話をしていたんだけど、酔っぱらいの嘘話と笑われ誰も信じてなかったんだけどね。

特徴からその方は現地で目撃談の多い有名な女性霊・・・。
湖に駆け落ちの末投身自殺したっぽい。

その後親戚が集まる席であの時代に誰が情報を集めたのか尾ひれがつき、30年近く経った今でもネタとして提供され続けている。

父と叔父は姿形も会話も全く人間ではないと疑いもしないくらい普通に人だったという。

父:「無念があって死んだ人って死んだ事もわからずに人の日常に紛れ込んでたりするのもんなのかねえ」

しんみりと呟いた父の言葉が子供心に怖かった。