俺の姉ちゃんの話。
姉ちゃんは霊感の持ち主。
もうバリバリ。
金縛りなんて日常茶飯事。

その金縛りで怖かったものを厳選して2つ紹介する。
一つ目はまあ、良くある話っぽいけど一応紹介する。

寝てて金縛り発生!!いつもの様に般若心経を唱え始めた。

「おんあびらうんけん、おんあびらうんけん・・・」

その時、大男の気配を感じた。
(何故か体格とか性別とかわかるらしい。
あと、そいつが悪意をもってるかどうかも)大男が覗いてる。
そして次の瞬間、「ふっ(鼻で笑う)。聞き飽きたよ」と、声がして、お約束の気づいたら朝。

もう一つ。
いつものように金縛り発生。

その時は何故か「面倒くさいなぁ~」と初めて思ったとのこと。
そしていつもとは違う事態が発生。
右足の太股に妙な違和感。
足がつっているのかと思ったらしいのだが違う。

いつも金縛りにあったら変なもの見たらイヤだから目を開けないらしいのだが、その時は好奇心に負けて目を開けてしまった。

そしたら・・・。

一人の中年男性が姉ちゃんの太股にかぶりついている!!!
そしてさらに、若い女が腕を姉ちゃんの太股にズボッと肘ぐらいのところまで入れて、強く握っている表情をしている!!!
あんまりにも怖かったので恐らく気絶したとのこと。

気づいたら朝。

んでお約束の太股に傷跡とかはなかったんだけど、何故二人で姉ちゃんの太股にかぶりついていたのかは今だ不明。
ケガとかもしてないし、逆に気持ち悪い。
かえってケガとかしたほうがスッキリすると姉ちゃんは言ってる。

だれかこの二人の目的わかる人いません?