少年がいた。
いや、もう少年と呼べる年頃では・・・。

人より秀でているところも無く、いなくとも誰にも気にかけてもらえない、そんな彼。
彼の唯一の慰めはインターネット。
それも人の掲示板に匿名で乱入しては、誹謗・中傷を繰り返す、所謂「荒らし」と言われる行為。

相手を罵倒することで、普段誰にも気にかけてもらえない自分が、何となく大人物になったような・・・それが彼の心の糧だった。

ある晩。
いつものように、ある掲示板を覗く。
彼の書き込みに対して、憤怒の声があがっているのを確認して、ほくそえむ。
そして、次の書き込みを終えた時、「ひとおつ・・・うふふふふふ」と声がした。

彼は思わず後ろを振り向いた。

誰もいるわけがない。
今この家には母親と自分の二人きり。

空耳だ。
当たり前じゃないか。

ちょっと額の汗を拭き、次の書き込みをする。

「ふたあつ・・・きゃははは」

その幼い声に彼はびくんと立ち上がった。
そうっと辺りを見回す。

子供?思わず時刻を確認する。
午前3時33分。
子供がこんな時間に起きているわけが・・・。

しかし、一応部屋の外も確認する。
何も無い。

疲れているのかな?
今日はもう寝ることにしようかな・・・そう思い、彼はPCを終了させた。

次の日、恐る恐るPCを立ち上げる彼。
ちょっといつもより軽めの中傷を書き込む。

・・・何も起こらない。
彼はくすくす笑った。

馬鹿らしい。
そうだよな、そんな事あるわけない。
彼は猛烈な勢いで、次の書き込みを始めた・・・。

数週間後、彼は体にそこはかとない変調を覚えた。
しかし、なんとは無しに日々を過ごしていた。
それから更に数ヶ月後、母親が彼に言った。

母親:「お前、最近ほくろが増えてないかい?」

検査の結果、彼は末期の皮膚癌で、間もなく昏睡状態に陥った。
医者も首を捻ったのは、転移の仕方だった。

医者:「最初は内臓に癌が発生したのは間違いないのですが、何故癌細胞があちこちに点在しているのでしょうね・・・まるで子供がでたらめに印をつけたように・・・」

今、誰も感じる事の出来ない彼の意識の中では、「アハハハハ・・・ななぁつ」「うふふふふ・・・じゅうにぃ」と子供の数え歌が途切れることなく続いている・・・。