博多駅前、筑紫口徒歩ゼロ分にあるホテルCの話。

そのホテルには、なぜか1室だけ窓がない密室の部屋がある。
あいにく他の部屋がふさがっていたため、その部屋にある芸能人が宿泊した。

深夜、彼はフロントのボーイを呼び出した。

芸能人:「おい!この部屋絶対なにかあるだろ!!」
ボーイ:「お客さま、この部屋は普通の客室でございます。このとおり、なにもございません」

と、いってボーイが部屋の壁に掛けてある絵をひっくり返そうとしたところ、彼は「俺が言ってるのはこっちのことだ!」と、その絵がかかっていた壁を一気にはがした。

そこには、打ち抜きのコンクリートに、鳥居のマークや梵字のような呪文やらが書かれ、神社のお札が壁一面に貼られていた。

その芸能人は、料金全額払い戻してもらってたうえ、30万円もらって厳重に口止めされ、別の町のホテルに移ったそうです。