ある高等学校の校門の前に、おばあさんが現れるようになった。

おばあさんは、校門を通る人に「飴はいらんか、飴はいらんか」と声をかけた。
しかし、気持ち悪がっておばあさんから飴を貰う人はいなかった。

ある日、一人の男が通り過ぎようとすると、いつものようにおばあさんが声をかけた。
試しに食べてみると信じられないくらい旨かった。

男は「もう一つくれ」と言うと、おばあさんは一日に一度しかあげられないと言った。

次の日もおばあさんから飴を貰った。

ある日、男はおばあさんから飴の入ったざるを奪って逃げた。
後ろからおばあさんが「かえしてくれ!」と追いかけてきたが、男には追いつかなかった。

男は家に帰ると飴を全部食べた。

それから机に座って一息ついていると、後ろの方から「かえしてくれー」と声がした。

男が後ろを振り向くと、校門の前に立っているおばあさんがいた。
あばあさんは何度も何度も飴を返してくれと頼んだ。

男は「飴はない!もう全部食べてしまった!」と言うと「違う!その飴じゃない!」といって男の顔に手を伸ばし男の目を二つ引き抜いた。