うちの父から聞いたコテコテな話を一つ。

千葉県のとある病院に勤めている父はその晩特に急患も無く、まったりと宿直室にいたそうです。

突然見回りをしていた看護婦が宿直室にやってきて「先生、◯◯室のKさんが居なくなってます」と報告を受けたそうです。
Kさんは前日、入院していた軽度のノイローゼ患者でした。

父と看護婦で、病室に行くと確かにもぬけのからでした。

おかしいな・・・病室からは出られない様になっていた筈なのに一緒に来ていた看護婦に、とりあえず他の階に居ないかどうか、探すように!と指示を出し、もう一度部屋を見渡しました。

すると・・・カーテンが揺ら揺らと揺れているの気が付き、まさか・・・な、と思ってカーテンを開くと、カーテンの向うにある窓が開いてました。(父の勤務する病院は精神病院ではなく一般救急)

父は寒気を感じながらも、その窓から身を乗り出し、下を見ると一人の女性らしき人影が1階の屋根の部分に人影が見えたそうです。

父は同僚の医師と急いでそこに向かい見ると少し小さくなったKさんがこっちを向いて「おーい、おーい」と手を振っていました。

父が近づく、何故Kさんが小さくなったのか。
判りました。

下半身がほとんど潰れていたらしく、夜という事もあって近くに行くまで判らなかったとか。(Kさんが居た病室は5、6階らしいですが、細かい話までは覚えていません)

Kさんはその晩死んだそうです。