これは僕が小学生のときにあった本当の話です。

月曜日、友達のY田君がいつも通り某週間少年誌を持ってきました。
みんなまわし読みしていたのですが、当時結構有名だった連載ギャグ漫画で学校の用務員さんを激しく馬鹿にした内容が掲載されていました。

内容はうる覚えですが、確か主人公が「用務員なんてただの働くおっさんなのだ!!」などと、とにかく用務員さんをこれでもかというほど侮辱していばした。

残酷なものですぐにみんな僕達の学校の用務員さんを馬鹿にし始めました。

「はたらくおっさん!!生きてて楽しいか??」
「何で先生じゃないのに学校にいるんだよ!!」
「おっさん!頭悪いから先生になれなかったの??」

などなど、とにかくおちょくっては逃げて喜んでました。

しかし用務員さんは逆上し切れてしまい、クラスメートのH西君の首を絞めて、彼を殺しました。

すぐにこのことは問題となり、これが原因でその週の某少年誌は回収され、大問題となったことは知っている方も大勢いらっしゃると思います。