今勤めてる会社に入社した当日、「・・・何か焦げ臭くないですか?」と聞いた。

「そんな、焦げるようなものは無いけどなあ・・・」と、みんな首を傾げていた。
それ以降も、たまに焦げ臭い空気が漂うことがあった。

それは大抵朝の9時、10時頃か、昼下がりの14時、15時頃で、誰も居ないのに誰かが通ったかのように、ふわりと空気が動いた後が多かった。
その『見えない誰か』が通るとほのかに生暖かい風が吹き、焦げ臭いニオイが漂う。

自分があんまりに焦げ臭い焦げ臭い言うからか、ある時同僚の一人が「それはどっちから臭ってくるの?」と聞いてきたので、「こっち」と壁を指差した。

まさかそっちの方角の延長上、300mと離れていない隣の山に火葬場があったとはね。
どうやらアパートだけでなく、職場も通り道だったようだ・・・。

一人で仕事をしていると、廊下を挟んだ向かいの課長室の扉が開く音と、誰かが課長室に入る気配で顔を上げる。
でも、扉も開いていないし、誰も居ない。

課長室に入っていく気配はすれど、課長室から出てくる気配を感じたことは無いのは、課長室が火葬場と職場(自分の席)の延長だからだろうか。

それにしても、『扉が開く』ことはあっても『閉まる』気配も音も無い。
それでも必ず『開ける』音と気配しかしないというのは妙な話だ。