新婚旅行で伊豆に泊まった。

旅行社にコーディネートしてもらった老舗のお宿で、今は違う系列の会社が新しく立て直したホテル経営。

当時、新婚旅行ということで角部屋の素敵なお部屋に、錦糸を縫い合わせたお布団まで用意してくださった。

そして、内風呂。

タイルが斬新な赤。
お手洗いは内風呂と一体になっている。
知っている人はここまでで旅館が特定できるくらい、昭和の老舗だった。

もちろん広々とした外の温泉を使い、眠ろうかなというとき、お風呂場から水の流す音が聞こえる。

電気をつけて確認したけど、なにもないし。

それから眠ったけど、しばらくしてお手洗いに立つと「私はここで死にました」と囁き声が聞こえた。

眠れない!

しばらくしてお手洗いに立った夫が、これまた眠れない様子。
お互い何も聞かずに、「眠れないよね、部屋、悪いよね」と。

二人でしっかり手を握って、フロントにまでエレベーターで下りていきました。
大旅館なので、即座に部屋を変えていただきました。

翌日に笑い話として仲居さんに、「あの部屋に不倫のカップルが泊まって、女性だけがお風呂場で亡くなったのだけど、まさか新婚さんの邪魔をするなんて。でも、部屋は絶景だったでしょう」と言われました。

お代はこちらが何も言わないのに、旅行社を通じて返金されました。

ちなみに夫が耳元で聴いた声は、「あなた、わたしと一緒に行こうよ」

結婚五周年記念に教えてもらいました。

今は笑い話。