場繋ぎに、ほんの小話でも。

中学生の頃のある正月。
友人2人と私とで初日の出を見に行くことになりました。

朝方の5時ごろ、日の出までまだ間があったので友人の部屋(2階)にとりあえずお邪魔、炬燵を3人で囲むことに。
しばらくして家主の友人が階下にお茶を入れにいき、私は階下への階段を背にする壁側に、もう1人の友人は私の斜め前に座り、2人でぼんやりしていました。

すると私の背後で人の足音が。
とん、とん、とん、という音は、明らかに階段を上っています。

「あー、えらい早いにお茶いれてくれたなあ・・・」と思い、家主の友人が部屋に入ってくるのを待ちました。
しかし、足音がやんでも部屋のドアは開きません。

「寒いのに廊下で何やっとんの・・・?」と思い、ドアを開けようと振りかえろうとしたとき。
私の背後、つまり私の背中と壁との間をすっ・・・と横切る影を感じました。

「今の何?」と思うと同時、「これは何か『コワイ』もんだ!」という、ぞっとする感覚が背筋に走りました。

しかし、ここでもう一人の友人まで怖がらせてはならないと思い、私は友人の方に向き直りました。

私:「なあ、さっきな・・・」

そのまま無理に明るく、友人に話しかけようとしました。
しかし向き直った友人の方が、私の方をじっと凝視しています。

「ど、どしたん?」と驚いて聞いた私に、友人が一言。

友人:「今、あんたの後ろを誰かが通っていった・・・」

そのまま2人で1分ほど固まっているところに、家主の友人がやっと階段を上がってきて「何あんたら無口になっとんの?」と不思議がられました。(勿論、足音は彼女の悪戯などではありませんでした)。

今となってみるとたいしたことない話ですが、このときには正月気分なぞ銀河のかなたに吹き飛びました・・・。