もう数年前になってしまうのですが・・・。

当時、猫を七匹飼っていて、大変可愛がっていました。
ところが、です。

生まれた時から半病人の猫が、ある年の6月、力尽きて死にました。
半病人だったくらいですから「寿命だったんだろう」と納得すべきところなのですが・・・。
異常なのはその後です。

同じ年の8月に、見た目は健康そのものだった猫が、庭で静かに息を引き取っていたんです。

亡くなる前、微妙に体重が減っていたので、気が付かなかったけれど、実は病気だったのだろうと思う他ありませんでした。

そしてまたしても同じ年の10月。
10年以上飼っていた猫が、死亡しました。

この子は二年前から患いついていたので、立て続けではあるけれど、これまた寿命なのだろうと理解する他ありませんでした。

でも、なんだか二ヶ月おきです。
変ですよね・・・。

それに、ここまでで終わりだったら、偶然が重なっただけだと、素直に信じる事が出来たのに。
悪夢は終わらなかったんです。

同じ年の12月。
今度は健康そのものだった猫が交通事故で亡くなりました。

年明けて1月。
健康そのものだった猫が、ある日を境にいなくなりました。

そうして三月。
1月にいなくなった猫の妹も行方不明になりました。

たった一年で、6匹の猫を失いました。
気が狂いそうに悲しかったです。

何故二ヶ月おきなのか。
私の家は昔から沢山猫を飼っていて、はるか昔に一匹家出した猫がいる程度で、だいたいは最後まで面倒を見てきました。
この一年間のような有様は、本当に特異な状態でした。

最後に残った猫だけは、今も生きて側にいます。

実は最初に死んだコの死ぬ前日、たまたま、猫たちの集合写真を撮っていたのですが、全く同じ写真二枚のうち、一枚は普通なのに、もう一枚は床から白い靄が立ち上ってました。
何か霊障だったのだろうかと、時々思います。

可愛がっていた猫が、明日死ぬか明日死ぬかと長期間緊張し続けたあの時期、私にとって、大変に恐かったのです。