今から十数年前の小学生高学年の頃、恥ずかしながら不登校児だった。

当時、母親が長期の入院から病死、父親は仕事で忙しくて日中は家に自分一人。
平日も11時頃にノロノロ起きて、布団に入ったままボーっとテレビ見てるのがデフォだった。

で、ある日、変な夢を見た。
夢って大体始まりが分からない物だとは思うけど、この夢は本当に境が曖昧だった。

布団に入ったままウトウトしかけてハッと目を開きなおすと、同じ格好で同じ部屋同じ布団に居る。
変なのは周りが古いフィルムみたいに赤くくすんでる?感じになってる。
意識は起きた瞬間と同じで、自由に動けるし家の中も完全に同じ。(色は赤い)

何か怖くなって降りて(寝てるのは2階)外に出るんだけど、外も変な感じ。
自分が住んでる町その物なのに、空は夕焼けとちょっと違う赤色。
いつもなら裏の畑におばあさんくらい居るのに、一人も人が居ないどころか、玄関先に繋いでるうちの飼い犬すら居ない。

「え?え?」ってパニックになってると、また同じ部屋同じ布団で目を覚ます。
ただの夢なんだけど、怖かったのがこれを毎朝1週間くらい繰り返した事。

時々テレビがついてたり(何が映っていたかは確認できない)変化はあったけど、ほんの数秒で始まって、意識があって、ただひたすら周りが赤いのは共通。

精神的にあれだっただけかも知れないし、今思えば寝ぼけてただけとも思うんだけど、ウトウトしてると時々またあの夢を見そうな気がし。