私の同級生から聞いた話ですが・・・。

高校3年の時、彼は吹奏楽部の部長さんでした。
吹奏楽部は、放課後旧校舎の教室を全室借りて、楽器のパートごとに練習します。
そして、下校時刻には部長が全教室の戸締りをするのが決まりでした。

その日も、いつも通りに彼は教室を見回ります。
部員のみんなはすでに部室(旧校舎の隣にあるプレハブ)に戻っているようで、旧校舎には人の気配がありません。
彼は3階、2階と見回り、残すは1階の2教室のみ。

そこで、彼の足は止まりました。

彼から向かって、右側に教室があるのですが、扉は開いており、そこから黒くて丸いモノが落ちています。
もう校舎は明かりが落とされていて、光源は校舎の隣にあるプレハブ(部室)の明かりだけでしたが、よく眼をこらしてみるとそれは人の頭に見えます。

床に寝転んで、廊下に頭だけ出してる格好のようでした。
彼はてっきり部員の一人だと思い、「おい、早く教室に戻れよ!」と言いながら近づいたのですが、どうもおかしいなと思いました。

どうも、その頭の大きさが異常に大きいのです。

気のせいかと思ったのですが、普通の頭の2倍は優にありそうでした。
3mぐらい近づいて見ると、それは彼から背中を向けて横たわっています。

霊感のある彼は、「ヤバイ!」と思ったそうですが、その時はすでに遅し・・・。
逃げようと思った彼よりも、そいつがこちらに顔を向ける(寝返り?)方が早かったのです。

彼は「そいつと目がバッチリあった。後は部室に逃げ帰ったからわからない」と話をこう締めくくりました。

私も怖い話は大好きで、色々話を聞きますが一番この話が怖かったです。