約40年前までは、(古墳跡も含めて)大小十数基の古墳があった。

ここを造成して作られたのが朝倉、広瀬団地。
怪奇現象、殺人、強盗、事故死、自殺が多発している。

付近には天川大島町ににある松並木がある。

朝倉町4丁目にある八幡山古墳。
前方後方墳(双方墳というのか)で珍しい。

古墳横の駐車場には、以前、幽霊屋敷があった。
怪奇現象が頻発したらしい。

広瀬一丁目の天神山古墳。
30年くらい前に発掘(古墳自体を切り崩した)されたが、その直後、周囲で大量に人が死んだ為、朝倉4丁目の八幡山古墳発掘は流れた。

以前、天神山古墳の上の休憩所で首吊りがあった。
以下は25年以上昔、天神山古墳発掘後に付近に住んでいた人の話。(詳細な場所は不明)

ある日、団地の端から一軒に一人ずつ事故や病気で死人がでて毎日のように近所でお葬式があったのを覚えています。
そして、ついに隣の家のご主人が亡くなって、わが家はあわてて引っ越しました。

もっとも引っ越した理由は別にあったのですが・・・。
昼間母親が家で一人になるのですが、洗濯とか掃除をしていると江戸時代の着物姿の女性が家中を歩き回り、掃除をしてる母親とはち合わせをするそうです。

私も父も最初は本気にしてませんでしたが、母がノイローゼ気味になったので引っ越したわけです。

ちなみに引っ越し当日、私たちの乗った車が横転事故を起こしました。

幸い家族は全員軽傷ですみましたが、父は耳もとで死んだ祖父の声を聞いたそうです。

「何をしている。早く逃げろ!」と。

天神山古墳南西50mにある(あった?)家は、怪奇現象が多発した事で有名。
住人は、自殺したり、発狂したりした。
すぐ近くの店は一年おき位につぶれては別の店になり、またつぶれては・・を繰り返していた。
店長がそこで自殺したという噂も聞いた。

広瀬二丁目
広瀬川に、着物を着た女性の霊が川の上を歩くらしい。
飯玉神社周辺は危険なポイントが多い。

鳥居で外人の女性(韓国系?)の首吊りがあったのは有名。
自殺、事故死、怪奇現象も、この周辺で多発する。

団地が出来たばかりの頃、飯玉神社周囲は大人の背丈もあるほどのススキでおおわれていた。

このススキ野の中から毎夜、毎夜、金属をたたくようなかん高い音がするので話題になったことがある。

人々の噂から「キツネの声だ」ということになったがその後、ススキは全部刈り取られて、その「音」の正体はわからずじまい。

神社ではワラ人形が多く打たれている。

広瀬団地に住んでいる人の話では、自分の部屋で青白い光が回っているのを何度か見たことがある人もいると言う。
交差点や橋運動場など多くの目撃箇所がある。

広瀬を流れる宮川用水と、広瀬川~韮川には「深夜に近付くな」と、消防(小学生)の頃に言われた事がある。

山王町二丁目の旧フレッセー北にあるコンビニ(セブ○イレブン)。
ここは、以前何度も店が潰れて、焼身自殺した店長もいたらしい。