これは私の文化祭で起こったとても不思議で恐ろしいお話です。

私たちの学校では文化祭には各学年対抗で劇を披露することになっていました。

文化祭前になると、体育館や、運動場は各クラスの練習などが目立ち、どのクラスがどういうふうなものをするかわかるのです。

しかし、三年三組はずっと練習をしているようなのですが、私達にはわからない所でやっているようで、まったく検討がつきませんでした。

文化祭の前日はリハーサルがあるんですが、その時も三年三組は舞台には出てこないで、別のところでやっているようです。

みんなは、なにをするんだろう。変だなあ・・・と不思議がっていました。
そしたら、私の友達が小さな声で、「知ってるよ」と言いました。

私は「え?」とききかえしました。
すると友達は、「四谷怪談よー。それもほら、1年前にB校舎から飛び降り自殺したあの子の話を脚色して」

私:「ええー?そんなことしていいの?」

友達:「何でも、自殺をしたあの子の生活を背景に、教育的なものもふまえてやるそうよ」

聞く所によると、クラスの先生までもが大反対しているのにやるそうです。
どうやら、三組の緒方くんという不良で結構信頼が高い子が主催したそうです。

そして、文化祭の当日。
いよいよ劇の時間がやってきました。

第一幕は三年一組、二幕は二組、そしてとうとう三組の「学校四谷怪談」がはじまりました。

緒方君は自殺した女の子をふって浮気する役、女の子役はこれまた不良のTさん。
話も半ばになり、とうとうその女の子がカッターナイフで自殺を試みるシーンになりました。

女の子が、「みんなさようなら」と言って手首を切って倒れた後、突然観客がどよめきだしたのです。

Tさんが起きてこない。
緒方くんも心配そうに様子を見に行きます。

そして緒方君がTさんを起こしたあと、みんなはTさんの手首が本当に切られ、血しぶきを上げているのを見たのでした。

先生:「ほ、本当のナイフを使うなんてばか野郎!!救急車だ!!すぐ救急車をよべ!」

三組の担任の先生が怒鳴ります。

すると突然。
体育館の照明がぶつんっときれてしまったのです。

それからです私の身に不気味なことが起ったのは。

真っ暗闇でみんなの悲鳴が響くなか、私は異様な緊張感に襲われました。
そしてしばらくすると、息が・・・息ができないんです。

そしたらいきなり誰かがばんっと私の後ろを押しました。
すると私の金縛りもとけたんですが、後ろを振り返ると、青白い顔をした女の子が私をじーっと見ているではないですか。

2ー3秒ぐらいだったでしょうか。
明かりがつきだしました。

体育館の水銀灯は一度消えると暫くもとの明るさまで戻るのに時間がかかります。

まだ、どよめきが聞こえます。
そしてふと薄明かりに照らしだされた舞台をみると、Tさんを抱きかかえる緒方くんの後ろに。
またあの女の子がいる。

そしてふっと消えてしまいました。

初めはこれも余興の一つかと思いましたが、どうやらそうではなさそうです。
それに彼女の怪我は本当のようです。

すぐに救急車がきて、Tさんは一命を取り留めました。

そして後から聞いた話なんですが、不思議な体験と、不気味な女の子を見たのは私だけではなかったようです。

先生までもが、誰かに後ろから押されたとか、人魂のようなものが舞っていたとか。
それに、Tさんは本物のナイフなんて持った覚えはないそうです。

学校中のみんなが体験した恐怖の劇のお話です。