等々力渓谷での出来事。
25年前の小学生の時の話。

1.
ゴルフ橋から少し歩いたところでどっかのおじいさんが足を滑らせ矢沢川に転落して死んだ。
その後、その人の幽霊がでるとの噂がたった。

2.
環8の高架下はなぜか砂地になっており、人間ぐらいの大きなアリ地獄があると噂になった。

3.
環8の高架を過ぎると住宅地にあがっていく階段があったが、そこでマントを着た醜い親父に追いかけられた。

4.
これはちょっと不思議。
現在あるか判らないが公園下の防空壕の話。
木の柵が有ったのだが子供なら入り込める隙間があり、中に入り込んで遊んでた事があった。
何回か入り込んで遊んでるうちに、一番奥に縦穴(直径約60センチ、少し斜め)があることを発見。
自分は怖くて入れなかったが友人の1人が入っていった。

10分経っても出てこないし、呼びかけにも応答しない。

真暗で怖くなった(懐中電灯はそいつが持っていった)ので他の友人3人と防空壕の外にでて待っていた。

30分ぐらいたってそいつがでてきた。

彼の話では10mくらいで行き止まりですぐに戻ってきたそうだ。

時間にして2分ぐらい。
こっちは40分待っているのに彼の時間感覚では2分。
不思議です。

3日後にもう一度探検する事になって防空壕に入ったらなんと、縦穴が砂で塞がれてました。

誰も入った形跡もないし、中は砂地などありません。

不思議な体験でした。