ごめん、めっちゃ長いけど聞いてほしい。

サイコパスに小学生の時に出会ったこと。
サイコパスって言葉、当時小4の時の俺らは知らず、親がキoガoって言ってたけど。
そのサイコパスは、小4の時の担任の先生。

見た目は大人しくて、細身でいつも目が微笑んでる女性の先生だったんだけど。
不意に変なスイッチが入る人だった。

箇条書きだけど
・運動会で負けた時、敗因を1人ずつ紙に書かせて1人ずつ「みんな、僕が~したせいで、負けました。ごめんなさい」と謝らせる。

・給食で食べられない子が居ると「貧しい子に謝りなさい」と猫なで声で永遠にその子に言い続ける・・・みたいな感じ。

でも決してヒステリックには怒らない人で、だからそれが逆に怖いと思う時があった。

みんな先生が怖いんだけど、何故か怖いって親にも他の先生にも言えなくて、
他のクラスの先生からは、「サイコパス先生のクラスって本当に落ち着きがあって素敵ですよね」って言われたり、親からは「先生が担任になってからうちの子、勉強やお手伝い、すごくしてくれるんです!!」と褒められていた。
だから、先生のことを少しでも悪く家で愚痴ると、親から「先生の言うことは正しいでしょ!」と注意された。

そんなある日、書道の授業があったんだけど、先生は書道の授業になると、関係のない話を30~40分くらいして、残り10分で課題の字を書くという流れだった。

勿論、出来ていないとやり直し。(その日書けなかったら放課後に先生と課題をする)
その話ってのが、本当に関係ない話で、先生が最近見た映画の内容とか、先生が好きだったジャニーズアイドルのJr.時代の話とか。
でもその日は違って、いきなり「人の死ぬ瞬間、見たことある?」だった。

内容は・・・昔、先生のクラスメートだった男の子が、病気になって入院し、
なんとなく病院に行くと、その子のお母さんと妹が居て、みんな泣いていたから「あ、死ぬのかな」と思って近づいて見てたら、男の子の息があがって、目が上向いたと思ったら息絶えたって話だった。

作り話なのかもしれない。
でもそれを「~でね。先生ね、とーってもびっくりしちゃったの!」って子供が無邪気に話すように言うんだ。

小4で死ぬことなんて考えたことなかったから、みんな怯えてしまっていた。
隣の女の子は泣いていたのを覚えてる。

その話をした後に、課題に取り組んだんだけど、話を聞いた後だからみんな、なかなか書けなくて、いつも一発OKの子ですら、やり直しさせられてた。

みんな先生と居残りしたくなくて、頑張って書いたんだけど、隣の泣いてた女の子と、俺の親友が書けなくて居残りになった。

放課後まで女の子は「どうしよう」とずっと震えていて、親友は黙っていたが、顔色が悪かった。

その日の給食は、コーンポタージュだったんだけど、先生が「わぁ、あの日死んだ子が、死ぬ前にこんなの吐いてたなー!」とか言って、みんなコーンポタージュがなかなか食べれなかった。
でも、食べれなかったら、謝らせられるので無理して食べた。
昼休み吐いてる子がいっぱい居た。

放課後「さようなら」の号令のあと、親友が「うわあああああ」と叫びながら教室を飛び出していった。

先生は「あらあら」と言いながらナルトみたいな走り方で親友を追いかけていった。

俺と友達が心配になって、親友を探しに行くと、非常階段で親友が「来ないで!」と叫びながら、下の運動場へ飛び降りるのが見えた。
運悪く、放課後遊んでいる低学年の女の子の上に親友は落ちてしまった。
他の見ていた生徒が叫び、校門で声をかけて居た教頭先生が走ってくるの姿、
ぐったりしてる低学年の女の子、泣いてる親友、階段の上から見下ろしてる先生の姿は笑ってるように見えた。

女の子は腕と足を骨折。
親友は足を捻挫。
次の日、親友は当たり前だけど学校に来なかった。

女の子の担任の先生が、これがまた凄いヒステリックな若い先生で、俺らクラスメートを見ると「うちのクラスの子に近づくな!」とか言っちゃう先生だった。

言われている俺たちを見て、先生は「仕方ないわ、悪いのは親友くんだもん」なんて言っていた。

そんな時、先生の出張があって、教頭先生がクラスに来てくれた。
初めてクラスがあったかく感じた瞬間だった。

クラスのみんなが笑っていた。
でもこれが、教頭先生からすると変だと思ったらしい。

6時間目、国語だったんだけど、教頭先生が「みんな、大丈夫?」とだけ言ったんだ。
その瞬間、泣いたところなんて見たことないジャイアンみたいな奴が声をあげて泣き出した。
それにつられて、みんな泣き出した。
俺も泣いた。

教頭先生は最初は戸惑っていたけど、何も聞かず一人ひとり、優しく慰めてくれた。

そのあと、とんとん拍子に話は進んでいった。
うちのクラスにはもう1人必ず先生がつくことになり、毎日5人ずつ、保健室で保健の先生と話すことになった。(普通の世間話)

すると、担任の先生がいきなり居なくなって、音楽の先生が担任になった。

その時、親友もクラスに帰って来た。
そのあとはそのまま、楽しく学校生活を送り、普通に卒業した。

大学に入る時くらいに、不意に思い出して、親にあの時の話を聞いてわかったんだけど、教頭先生がクラスに来た時、みんなうつ向いていて、自分のことを見た瞬間、パッと目の色が変わって笑顔になったことに違和感を感じたらしい。

前からこのクラスだけは異常に大人しいことを音楽の先生が気にしていたようで、なんとなくのつもりで「大丈夫?」と聞いたら、みんな泣き出して、大丈夫じゃないとわかったらしい。

その後、担任の先生に色々聞くが、のらりくらりとかわすので、監視のつもりでもう1人先生をつけることにすると、担任の先生が職員室で「私が何をした!」と校長に殴りかかり「私は間違ってない」と叫びまくり、クラスでしていたことも問題になり、学校を辞めることになったらしい。

それで、修羅場はまだ続くんだけどさ、この前同窓会をしたんだけどさ、WEB漫画のホラージャンルの漫画で、真中ってキャラを教えられた。
みんなで読んでみると、担任の先生とそっくりなんだよな、顔が。
そして、小学校の講師をしてる奴が、教員採用試験の最終面接での面接官が担任の先生だったって聞いた。

問題になっていた先生が教員採用試験の面接官って・・・そして普通に教育関係に居たことが衝撃的だった。

本当長くてゴメン。
でもずっと誰かに聞いてもらいたかった。