数年前、夜22時までの残業を終えて、真っ暗な道を自転車で走っていたら、曲がり角に奇妙な生き物がいた。
3,40センチくらいの大きさで、丸いしっぽと短い手足、色は真っ白でモフモフ。
だけど頭がない。
頭は無いけど地面をフンフンと嗅ぎ回っているのが分かる。

「うわ、私疲れてるのかな・・・幻影が見えるよ」と自転車を止めて、近づいてみたら、そいつが気づいてこっちを見上げたのが分かった。
頭無いけど・・・。
こりゃダメだわ、と目をつぶってちょっと休めてみて、再度見たらまだいた。

その日は帰って速攻で寝たが、翌日起きてよく考えて見ると、真っ暗なのにあんなにはっきり毛の質感とか見えたのはおかしい。
そもそも頭が無いから生きてるハズもなく、あれは幽霊だったのだろうと思ってます。

頭が無いから犬なのか猫なのかよく分からなくて、周囲の犬や猫を飼っている人に「こういう変なのを見たんだけど、犬だと思う?猫だと思う?」と聞いたら、どっちにも「それ犬だよ」と言われたので犬の霊ではないかと。

怖いとかは全くなかったです。
どうせなら触ってみればよかった。