今でも覚えてる不思議な体験といえば・・・。
平成一ケタ台のときに、自室で寝てるときに起きた出来事。

当時20過ぎで、実家住まいだったんだけど、家庭の事情で、親はそこに住んでいなくて、妹も普段はあまり帰ってこない実質一人暮らし。(妹はぐれてたというわけでなく、親のいるほうに寝泊りしてることが多かった)

時期的には初夏で、時間で言えば、多分午前2時ごろ。
いつもなら、すぐ寝てるのだけど、その時は、なんか寝付けなくて、うつらうつらしてたんだよ。
そうしたら、カラカラと玄関の引き戸が開く音が聞こえた。

たまに夜中に妹が帰ってきてたりするから、初めは妹の帰宅かなあって考えたんだけど、それ以外の鍵を開ける音や足音が聞こえないのに気づいた。
だけど、扉を開けた存在が玄関にいる。

なぜ分かったかというかは、距離が離れているのに、その存在を示す気配が感じたんだよ。
普段感じる人の気配がするとかいう生易しいレベルじゃなく、それに悪意があれば、人をショック死させれるんじゃないか?という位の無視することができない圧倒的な気配。
恐怖の前すると体が動かないとか言いますが、まさにそれ状態。

目を開けるもの怖くて震えてると、そいつはこちらの部屋にゆっくりと来るのがはっきりと分かる。
もちろん、その間も俺は怖くて、まったく動けない。
そしてついに、その気配は俺の枕元に立ち、覆いかぶさるように覗き込むのを感じた。

次の瞬間。
全身を襲う金縛りと、右耳元でささやかれる、複数人にもとれる年配の男性の声。
内容は今でも分からない。お経のようにも聞こえたし何か訴えてるようにも聞こえた。

びっくりして、目だけあけると、その瞬間、気配が消え、声が闇こえなくなり、金縛りも解けた。

その後は朝まで何も起こらず、今現在実家に住んでるが、類似した体験はない。

ただ、そのときからか、右半身と左半身とで微妙に感じ方が違うというか、微妙な違和感がある。