他スレにも書いたが、急性大動脈乖離の心タンポナーデで臨死体験っぽいものをした。

12月24日のこと。
もう、ダメっぽい、と言われて嫁が泣いているころ、定番どおり俺は上から自分を見下ろしていた。

よくある3mぐらいの高さ。

ウソっぽいと思っていたが、自分が体験してみるとホントだった。
寝ている自分と平行になっていたな。
見下ろす自分の顔あたりははっきりしていたが、胸から下は綿アメみたいなものでボ~ッとぼやけていた。

『ああ、死んじゃったんだ。もう、動かないんだな』

・・・みたいな、他人事のような弱い感情があった。

同時に寂しいような、空しいような、悲しいような気持ちと、空白みたいな虚無?も感じた。
このあたりは今となってはうまく言い表せない。
というか、一生懸命書こうとすると、すーっと実体験から遠ざかる感じ。
真下に見える自分は変にグッタリしていて、ペタンと薄っぺらで、白くて頼りなかった。

どれだけ時間がたったのか、全くわからなかったけど、麻酔覚醒のバッドトリップで
おれは医者と看護士に殴りかかっていた。

上から見たときの弱々しい自分のどこにそんなパワーがあったのかは知らないが、覚醒時に感じた生命の墺低からのものすごい怒りは、今でもかすかに覚えている。