子供の頃、かくれんぼをしていました。
住宅や雑居ビルが入り組んだ地帯に住んでいたので、隠れる場所などいくらでもありました。

特にビルとビルの隙間は見つかりにくく、私はよくそこに隠れていました。
もちろん、ただ間に入るのではなく、そこに捨ててあるダンボールなどを被って、より見つからないようにするのです。

その日も5人ほどで同じ遊びをしていました。
私はいつもの場所とは違う、もう1つ裏の方面にある、ビルとビルの間に隠れる事にしました。

そのビル間は1mくらい開いていましたが、ダンボールなど何も無かったため、どうしようかなとうろうろしていました。
そのうち、白い消しゴムの欠片のような物が落ちている事に気付いたのです。
私は興味を持って近付きました。

否。
白い消しゴムではなく、人間の歯、でした。(それなりに光は入ってきているので識別できました。)

げっ!!と思って捨てると、頭の上にかかかかっ、と何か落ちてきました。
うち一個か二個か、背中に入りました。
なんだよ~と見るとやっぱり全部人間の歯・・・。

そして上を見ると、太陽の眩しい光の間に黒い人影。

一瞬ぶるっ、と体が震えた後、全速力で逃げました。

もちろん見つかってしまいましたが、どうでもよかったです。

全く以って意味不明の体験でした・・・。