先輩の話。

彼の所属する大学のサークルでは毎春、新入生の歓迎登山をおこなっている。
登る山も宿泊するキャンプ場も定番が決まっていて、登山の締め括りに皆で集合写真を撮るのも決定事項であったそうだ。

ある年、撮影に失敗したとかで、写真が配られないことがあった。
卒業してしばらく後、OBから事の真相を聞かされた。

OB:「ああ、あの年の写真ね。バックの茂みの中に変なモノが写り込んでいたんだ。だから配らなかった。というか配れなかった。ネガは処分してしまったよ」

先輩:「何が写っていたんですか?」

OB:「のっぺら坊。ちゃんとした登山服姿で一人、ポツンと腕組んで佇んでた」

今でもそのサークルは、恒例の歓迎登山をおこなっていると聞く。

変なモノが写り込んだのは、後にも先にもあの年だけだったそうだ。