友人の話。

夜中に一人、家へと続く山道を歩いていた。
その時、彼の左腕には包帯が巻かれていた。
数日前に出張先で火傷を負ったのだ。
気分は冴えなかったが、それは必ずしも怪我の所為だけではなかった。

「その夜は、道の雰囲気自体が奇妙だったんです」
そう彼は言う。

何かに見つめられているような、後を付けられているような、そんな気配があった。
途中何度も足を止め振り返ってみたが、辺りには何も動く物はない。
それなのに、いざ歩き始めると、背後の此処彼処で怪しい気配が湧く。
気持ち悪く思いながら、足早に家へと急いだ。
無事に家へ辿り着いた時は、心底ホッとしたそうだ。

部屋着に着替えてから、包帯を替えようと古い布を解くと、激痛が走った。

『痛っ!・・・。おかしいな、治りかけて痛みも引いていたのに・・・。』

傷口を確認してギョッとした。
火傷で痛んでいた腕の皮膚が、剥かれたように綺麗に失くなっている。
ピンク色の肉が、薄く汁を吹いていた。

不思議なことに、かなりの範囲で皮膚が剥けていたにも拘わらず、傷口の治りは非常に早かったという。

診て貰った医者が不思議がるので、山道で感じた気配の話をしてみた。

友人:「・・・という訳で、あの夜僕の後を付けてきた何かに、この皮を剥かれたような気がしてならないんですよ。考えると有り得ない話ですけど」

医者はしばらく考え込んだ後、こう言った。

医者:「恐らく狐でしょう。ここいらに棲んでいる輩は、人皮を焼いたのが大好物だと昔から聞ききますし。治りが早いのは、狐なりに気を遣ってくれたのかも」

友人:「何と!僕はあの夜、狐に化かされていたのですか!?」

思わず唖然としたそうだ。

群馬県の山中での話。