これは、一番人に話すのに気が引けて、一度しか話したことのない話。

寝ていると、明け方金縛りに・・・。
よくあるので、気にせずに眠ろうとしたが、低いお経の声が聞こえる。
それがうるさくてうるさくて眠れない。

必死に金縛りを解こうと、指先に神経を集中させる。
指を動かし腕を振り、金縛りを解く。
お経もやみ、台所の母の声やテレビの音が聞こえてきた。

私はほっとして、壁に向く方へ寝返りをうとうとしたのだ。
が、ぎょっとして再び固まってしまうことになる。

壁から何かが出てくる。
まるい、肌色の、つやつやしたもの。
下に突起。
がりがりの腕も2本でてきた。

くねくねと、壁から這い出ようとするそれは、まるいものをゆっくりこちらへ向けた。
突起は鼻だった。

坊主頭で、目にどす黒い隈のある男だ。

「なぁ・・・なぁ・・・いくか?いってもいいか?」

坊主・僧侶だと感じた。
あのお経と同じ低い声。

「一緒に連れていくか?一緒にいこうや、なぁ?」

誘われている?

やっと気付いた私は、目の前数十センチにいるそいつに、なんとか声を振り絞り、言った。

俺:「い・・・い・・・かない」

やつは顔を覗いた。
そのときの顔を覚えていない。
たぶん気を失ったから。
笑ったのか?怒ったのか?恐ろしい顔だったのは確かだ。

しかしまた、数ヵ月後、またやつが現れた。

私は死を感じていた。
おかしな汗が流れる。

明け方に目を覚ますと、やつは、ベッドわきの椅子に座り、私と目が合うのを待っていた。

「さぁ、行こう?一緒に行こう?」

死ぬんだ・・・逃げられない。
そんな気がした。

やつはずっとまっている。

「行こうな?行くよな?さぁ、早く」

男の後ろに、誰かが居た。
見覚えのあるような、紫のジャージ・・・うつむいて、顔は見えなかった。

『行かない!行かない!!』

声がでなかった。
二人もいる。
もうだめなんだ・・・

諦めかけたとき、「バタン!」とドアが閉まった。

3人目!?

目を移すと、二人ともいなくなっていた。

なぜか、少し淋しくて悲しくて、胸が痛かった。

それから、数週間後。
教え子が闘病の末、亡くなっていたと連絡があった。
優しくて純粋で、卒業しても塾に遊びに来ていた。
いつもにこにこしていた。

彼のジャージは紫色。

私は彼が救ってくれたと信じている。
ありがとう、って伝えたい。
いつか。

命の危機を感じた、一番恐い、そして愛しい体験でした。
読みにくかったらすみませんでした。