母方の祖母が亡くなったときに、私が形見としてもらったラジカセの話です。

祖母の葬式などが一通り終わったあと、住んでいた家を処分することになったので、残された家具を捨てる分と売る分と叔父叔母と分ける分の仕分けで、母は毎週末になると祖母の家に出向いていた。(祖父はすでに事故死)

当時中学生だった私は手伝いのために連れて行かれることがあり、たまに気に入った小物とかを駄賃として持って帰っていた。

ある日、倉庫の家具を片付けていたときCDラジカセが奥から出てきた。

当時、そういったものを持っていなかった私は一目で欲しくなり、母に頼み込んで自分のものとして持って帰ることが出来た。
しかし、使ってみるとちょっと変なことがあることに気付いた。
音声が時々5秒くらい途切れることがあったのだ。

”それ”はカセットテープ、CD、ラジオ区別無く発生していた。
週に2~3回程度の頻度であったし、元々が倉庫でホコリを被っていたので、祖母がそういう不具合を嫌って片付けていたのだと当時は考えていた。

大学の下宿にもそのラジカセを持ち込んで使っていたが、相変わらず不具合は収まることは無く頻度は日に1~2回と増えていった。

たまりかねて、電気家で見てもらったが異常はどこにもなし。
そんな頃、同じサークルの友人(以下B)が下宿を訪ねてきて、ちょっとした酒盛り(※20歳過ぎてました)をすることになった。

酔いがほどよく進んだ時、何気なく聞いていたラジオの音声が途切れた。
『ああ、またか』と思っていると唐突にBが酒をブッと噴いた。
咳き込むBの介抱をしていると、「お前・・・・・・すっごいもの持っているな」と、咳き込みつつも笑いをこらえている感じに言ってきたので「何が?」と聞き返すと、「あのラジカセ、どういう理屈か分からんが霊の声拾っているぞ」と答えた。

Bにはそれなりに霊感があるらしく、相性だか波長が合うと見たり聞いたりできるとか。
飲んでいる最中にたまたま波長の合う霊(害のない浮遊霊らしい)が通りかかってボソボソと呟いているのに気付いたが無視を決め込んでいると、ラジカセから(零感な私には無音状態だったのだが)その呟きが一拍遅れて聞こえてきたので驚いて噴いたという。

ちなみに呟きの内容についてBは全く教えてくれなかった。

曰く「俺が霊の声聞いたってことを疑われるくらいにアホらしい呟きだったから教えたくない」と。

ちなみにラジカセそのものは何かの霊が取り付いているわけでもなく、(Bは波長が合わなくても居る居ない程度は分かるらしい)九十九神とかそういうものでもないので、何で霊の声を拾うのかBにも分からないということであった。

その後、そのラジカセは電化製品廃品回収の軽トラに引き取ってもらったが、その直前に近所の神社にてお払いしてもらったので、その後は・・・・・・たぶん何事もなかったはずである。

以上です。

ちなみに生前の母にも確認したことがありますが、そのラジカセについては何も知らないようでした。