東北の父の実家で、知り合いはみんな意味を知らない謎の風習があるんだけど・・・。

お盆の頃になると赤い布でぐるぐる巻きにされて布に風車をいっぱい刺したボロボロの小さめのお地蔵さん?を設置する文化がある。

お地蔵さんは本当年期入っててボロボロだけど、かろうじて表情はわかる。
優しそうな感じで笑ってる。
多分女性。

お盆の頃になると道を挟んだ村の墓地の目の前にある、ため池みたいな場所にでかい慰霊碑があるんだけど、お地蔵さんはその前に設置される。

お地蔵さんは道を挟んだ向こうのお墓の方を向いている。

慰霊碑にはとある戦没者の名前が書いてある。
石碑の前にはお地蔵さん以外にも小さな石碑?が5,6個ある。

小さな石碑は季節関係なくある。
梵字みたいなのが読めるけど意味はわかんない。
これはお地蔵さん位古くて字が読めない。

ため池前の戦没者石碑の前にある梵字石碑の中に布ぐるぐる巻きのお地蔵さんを置く。
これがお盆の光景。

で、このお地蔵さんはお盆が終わると山奥の川に流すらしい。
流したらどっかに保管するらしい。
どこに、誰が保管してるかは知らない。

お地蔵さんは父の実家では”ミズコ”と呼ばれてる。
他の家ではなんと呼ばれてるか知らない。

なんで布を巻いて風車を刺して慰霊碑と梵字の中に置いて、どうして川に流してどこに誰が保管するのか、この風習に何の意味があるのか、こういう風習は他の所でもやってるのか。