駅なんかに放置してある自転車を撤去する仕事をしてるんだけど、保管所の管理人さんにこんな話を聞きました。

保管所の隣の家から、夜中にベルの音がしてうるさいという苦情があったそうです。

詳しく聞いてみると、毎日ではないんですが夜中に「チリン・・・チリン・・・」とベルの音がして気になって眠れないとの事。
とりあえずその場は謝罪して原因を調べるという事になったのですが、約500台の自転車を全て調べることも出来ず、風の強い日に廻ってみたりしていました。

何日か後に隣の家の人が事務所にベルが鳴っている様子を撮影したビデオを持ってきて、それには確かにベルの音が入っていたそうです。

そのビデオでだいたいの場所が分かったので管理人さんは夜中に行ってみました。
すると確かに「チリン・・・チリン・・・」とベルの音がします。
それは小学生用のマウンテンバイクのベルの音でした。

風もないのにベルのバネの部分が揺れてるのを見た時はぞっとしたそうです。

翌日、その自転車を調べるとそれは駅の駐輪場の中で1ヶ月以上放置されていたものでした。
この場合は長期放置とされ持ち主のへ連絡はあまりされません。
幸い、その自転車には名前も電話番号もあったのですぐに連絡をしたそうです。

相手がとても驚いたので事情を聞いてみると、その持ち主の子供はそこに自転車を止めた後遊びに行った先で交通事故で亡くなってしまったそうです。

遺族の方が自転車をずっと探していたんだけど、いつもと違うトコに駐めていたようで見付けられなくて、もうあきらめていたとの事。

その日の内にご両親が取りに来られ、とても喜んでいたそうです。