私は某地方都市で貸し切りバスの運転手をしています。

一昨年の8月2日。
ある子供会の行事で隣のY県の海水浴場に日帰りで行きました。
結構田舎の子供会なのですが会費無料(町の補助金が在る為)と言うことで、補助席を使うほど満席でした。

現地では子供会の親など有志などの協力でそれなりに盛り上がり、楽しく一日も過ぎました。

しかし、いざ帰る時間になっても一人女性が戻ってきません。
大人や現地係員など手分けしても見つかりません。
そのうち少し離れた海岸で身元不明な水死体が見つかったとの情報があり、責任者の方が確認に行ったところ、やはり私どものお客さんでした。

その方はボランティアとして一人で参加していた女性でしたが、少しお酒を召し上がって泳がれたと言うことで、他の人が気がつかぬ間に溺れたようです。

結局帰りのバスはその女性の席だけが虚しく空いていました。

その翌年つまり去年ですが、なんと昨年と一緒の8月2日。
今度は違う町の子供会と敬老会の合同海水浴として、同じバス同じ運転手(私です)で同じ海水浴場へ出かけました。

去年は無事事故も無く笑顔で帰ることが出来たのですが、車庫に帰り車内清掃をしていると、一席だけ椅子がグッシャリ濡れているのです。

あれ?お客さんが濡れた物でも置いていたのかな?と思いながらも、それにしては半端でなく濡れているのです。
床まで雫が垂れるほど濡れていました。

よくよく考えるとこの席って彼女が座っていた席なのです。

あまり霊感やその手の話を信じない私としては、今日のお客さんがなにかこぼしたのだろうと一人納得させ、仕方なくその席を外し予備の席と交換し、翌日の乗務員へバスを引き渡し私は上がりました。

それから一年。
今年もなんと8月2日。
同じ海水浴場へ一昨年の子供会の仕事で、同じバス同じ運転手同じ行程で行くことに。
今年は補助金が無いと言う事で若干少ない参加者でしたが、それでも席は埋っています。

なんだかんだ言いつつも無事行事も終わり、あと少しで最後の幹事さんを降ろせば
車庫に帰って清掃だと云うところで幹事さんが「すいません、だれか濡れたものを置いたようでここの席だけ濡らしてしまって申し訳ない」と言ってこられました。

ここまで話せばお分かりと思いますが、その席って一昨年なくなられた彼女の席なんです。

別に偶然その席が何か濡れ物を置いた為にそうなったのかも知れません。

でもふつう床まで雫が垂れるほど濡れるって、考えられないんですよね。

これが霊現象や怪奇な現象なのか私は分かりません。

会社も不思議がっていました。
だって同じ日に同じ場所に同じ運転手で同じバスが3年も行くことなんて、極めて計画的にしないと無理だって。
他にも仕事がある訳でたまたま偶然その行程に同じ条件で3年も当たるなんておかしいと言ってました。

もし来年も同じ行程があったら、必ず運転手とバスは違うものにすると言ってました。

でもここまできたらもう一年行ってみたいかな?って思ったりもします。