ラジオの松本人志、高須光聖の放送室。
JR福知山線の事故後の放送(第194回)より。

構成作家の高須光聖に最近あった弟からの電話の話。
肉親からの電話は何かあったんじゃないか?と思うから腹立つという話から。

高:電話したんですよ(弟に)、「何やねん」って言うたら、

松:うん、うん。

高:「ちょっと相談のってくれへんか。」
来た・・、「何やねんお前、何やそのトーン。」

松:金か?

高:いや、一瞬金かなと、「どないした?どないしたんや?」言うたら、「違うねん・・・、あの~うちの」

まぁまぁ娘って言ったらオレから言うたら姪っ子な。
3歳やねんけど、「あの~・・・(娘が)ちょっとすごい、ちょっとおかしいねん。」
「え?なんやどうおかしいねん?」言うたら~・・・。

松:怖いなぁ。

高:怖いやろ?「お前何がおかしいねん?」言うたら、「・・・あのなぁ~・・・どう言うたらええんかなぁ~・・・。」って「早よ言えや!何やねん!」言うたら、

高:あの~、あの尼崎で、事故あったやろ?
松:うん、うん。

高:バーン!あったやろ?
松:その後なんか・・・。

高:その日の、その日やねん。
その日の夜中に、(娘が)起きたんや。
バーっと起きて、「オバケ~~~~!!」って言うねん。

松:も~・・・。

高:ずーっとやで!声枯れるくらいに、泣きじゃくって。
ずーっと家中で言うてんの。

松:ちょっと、自分その話あかんわ・・・。

高:あかんやろ!?で、オレは「何でやねん!?怖いな~!」って、「怖いねん」ってうちの弟も言よんねん。
でそれから、次の日も、その次の日も夜中になったら起きんねん。
泣いて。

松:ちょっともうやめて。も~・・・。

高:いや、そやねん。
ほいで、そんときに、それをなんとかして欲しいと。

松:あの~、ん~、その事故現場から、そのマート(高須の弟)の家って距離にしてどんなもんなん?

高:1キロないくらいかな~?
松:あ~、近い。

高:近いねん。ほいで、「あの~見てもらわれへんか?」と。

高須の担当する番組(オーラの泉)の江原さんと言う人に見てもらえないか?と訪ねる弟に、高須はそれは無理だからお祓いに行けと言い。
それから連絡はしていないという。

高:朝になったら、その子は朝になったらもう忘れてんねんけど、もう声枯れてんねん。それくらい泣いてんねん。

松:それはあかんわ。
高:あかんねん・・・。もう怖いわ!

松:なんか、あの、その、マンション突っ込んだ住民の人たちの子供が、そうなる、あの、何?あの、なんていうの?精神的に?とかいうのはあるみたいやけど。

高:あ~そう。
松:まぁ~、それはね、もう~、

高:そりゃもう下にそんなことになってるからね。そんなん全然見てないからね。
松:言うても、1キロぐらい離れとるわけやからね。

高:そうそう。現場まで行って、1キロ。あ、1キロぐらいかな・・・?
現場も別に行ってないしね、見てないし。
まぁニュースで出たかもしれんけど、場所なんかわかれへんし。
ほいでも、3歳やからね。

松:いやいやいやいや・・・それ具体的な、なんか言うてんの?その、こんなん着てる人がおる、とか。

高:いや、それもな、オレもよう聞かんかった、あんまり、弟に。

文章にすると長い割にそんなに怖くないかな・・・。
でも夜中ラジオで聞いてるときはゾッとしたよ。