小6のとき行った日光修学旅行での出来事。

ひとりだけ夜眠れなかった俺は、寝てる奴の顔に悪戯したり、背中に氷を突っ込んだりして遊んでた。
しかし、すぐ飽きてしまったので、夜のホテル内を探検することにした。

地下から順に各フロアを周って行った。
非常灯の明かりだけの廊下や階段を歩いて行った。
最初は怖かったが、すぐに慣れて怖さも消えて行った。

得意気になって最上階まで上り詰めた時、ふと思い出した。
最上階は女子が泊まってるフロアであることを。
深入りして見つかったら何言われるか分かった物じゃない、階段から廊下だけ覗いて、すぐに戻ろうと思った。

廊下の奥をみると、先生たちの部屋は扉が開いており、中から明かりが漏れていた。
笑い声が聞こえるので、どうやら酒盛りでもしてるようだった。

向かい側の部屋を見ると、女子が一人立っていた。
壁を背に立っていて、後姿が半分だけみえた。

髪が長く、キュロットスカートを履いた女子だった。
見た目は普通の人間に見えたし、その時は違和感は特に感じなかった。
立ち位置から考えて「ああ、先生に見つかって廊下に立たされてるんだ」と思った。

翌日、夜の探検の話を同級生にしたとき「女子のフロアに行ったのかよ、いやらしいな~」「夜這いだ」等とからかわれた。

その話を聞いていた女子も「サイアク~」等と反応してた。
ムキになった俺は反論した。

俺:「いや、だから部屋には入ってねーよ!文句言われると思ったから廊下みて引き返したよ!だいたい、おまえ等だって騒いでたんだろ?先生に廊下に立たされてた奴もみたぞ!」

その話を聞いて、女子一同は不思議そうな顔をした。

女子:「え?何の話?みんなすぐに寝たからそんな人いないと思うよ?」

俺は立ってた女子について根掘り葉掘り聞かれた。
その話を聞いた女子の顔は、段々と引きつっていった。

女子:「え?全員パジャマに着替えたから、その話おかしいよ?」
女子:「そんな服装で髪が長い人、うちのクラスにいたっけ?」
女子:「えー!いやだー!うちの部屋の前じゃん!気持ち悪ーい!」

収拾がつかなくなったので、先生たちに事情を聞いてみることにした。
先生たちは答えた。

先生:「いや、騒いでる生徒なんて特にいなかったぞ?」
先生:「もしみつけたとしてもだ、真夜中に廊下に立たせたりしないぞ」
先生:「先生たちはずっと扉を開けて談笑してたけど、誰かが立ってたのは見てない」

先生たちも生徒の話を聞いて、少し青ざめてた。

生徒:「うわー!幽霊だ!○○は幽霊みたんだよ!」
生徒:「うちの部屋の前だよ・・・怖いんだけど・・・」

更に事態は混乱した。
その様子を見て、隣のクラスの担任が説明した。

隣のクラスの担任:「子供の幽霊って、寂しがって子供の前に現れることもあるのよ」
隣のクラスの担任:「寂しがり屋なだけで、そんなに害がある幽霊じゃないと思うよ」

こういう話を聞いて、とりあえずは皆落ち着いた。

たしかに、あのときはっきり見たけれど、彼女が何だったか分からない。
壁の染みとか置物ではなく、はっきり人間だと認識できた事だけは確かだ。
見たときは、違和感も不自然さも感じなかったし、ただ生徒が立たされてただけだと思えた。

接触はしてないし、幽霊かどうかは分からないが、こういう物を見たって話です。

このホテルは現存してるので、日光に行く際には泊まってみたい。
もう一度彼女を見ることが出来るのか?
見たら今度は接触してみるつもりだ。
接触したらどうなるかは分からないけど、モヤモヤが解決しそうな気がするから。