「あのーちょっと道を教えて欲しいんですけど。」

深夜0時頃、コンビニに入ろうと車から降りたところで声を掛けられた。
後ろ髪が長い金髪、白いシャツとジーンズで微妙にヤンキーっぽい感じの若い男だ。

俺:「いいですよ。どこに行くんですか?」

コンビニの中で聞けよとは思ったが、まあいいかと答えた。

男:「すみません。◯◯◯に行きたいんですけど。」
俺:「えっ?◯◯◯?」

男:「わかりますか?」
俺:「あ、うん。わかるよ。」

男:「ここからどのくらい時間かかります?」
俺:「そうだなぁ、車で30分くらいかな?」

男:「歩きなんですけど。」
俺:「え!歩いていくの!?二、三時間は掛かると思うよ?」

男:「大丈夫です。行かなきゃいけないんで。」
俺:「そ、そうなんだ。じゃこの道路を北に真っ直ぐいって・・・」

俺が一通り道を説明すると男はありがとうございますと、なぜか深々とお辞儀をするように頭を下げた。

俺:「あっ!」

思わず声が出た。

おじぎした男の後頭部に逆さになった女の顔がある。
男が頭を上げるまでの僅かな時間だったが、上目遣いの白い女の顔が後頭部にお面を被った様な形で張り付いていた。

「あ、気を付けてね。」と言って思わず出た声を誤魔化した。

若い男は俺に背を向けて道路を歩きだす。
その後頭部に顔はあった。

金髪の長い髪、白い無表情の女の顔がみるみる嫌な笑い顔になる。
見たらダメなやつだと思った俺は急いでコンビニに入った。

怖い。
飲み物とお菓子を買って支払う時に手が凄く震えてるのに気づいた。
店を出て車に乗りエンジンを掛けたとき、「コンコン」

ビクッとなった俺が叩かれた窓を見ると、さっきの若い男がいる。
心臓が飛び出るほど驚いた。

ふーっと呼吸を整えて少しだけ窓を開け「何?」と聞くのが精一杯だった。

男:「あのー途中まででも乗せてくれないですか?」

若い男はボソボソと言った。

冗談じゃない。
さっきのを見て乗せれるわけがない。

俺:「いや、逆だから。悪いけど。」

絞りだすように言ったと思う。
断ると男はそうですかと言って歩き去っていった。

もう男の後ろ姿を見る勇気は無かった。
男が行きたがってた◯◯◯は地元で有名な心霊スポット。
山の中で夜中に1人で歩いて行く様な所じゃないんだよ。

何だかわからないけど男が行きたいのか、女に操られてるのかどっちなんだろうな?
俺も誘われたのかと思うとゾッとする。