今日の夕方不思議な体験をしたのでこちらに書き込みさせていただきます。

6時半頃だったと思います。
帰宅途中の駅でエレベーターに乗ろうとしたところ、すでに乗っていた女性がドアを閉めようとしていました。

あぁ待つかぁ・・・と思ったところ女性が私に気づき開けてくださったので、小声で「すみません」と言って中に入りました。

見間違いではなかったと思います。
ですが、振り向いた時には誰も乗っていませんでした。

そのままエレベーターが上がっていくあいだ、見間違いだったのかしら?と思い直したのですが、エレベーターが2階についてドアが開いたとき、ばっちり見てしまいました。

「開」のボタンが点灯していたのです。(押しているときはオレンジ色に点灯します)

一瞬頭皮のあたりまでゾワッとしましたが「開」ボタンが押されたままドアがずっと開いていたので、私は会釈して出ました。

今身の回りに異変は起きていません。
これは霊体験というものだったのでしょうか。

もし幽霊だったならば彼女は生前親切な方だったのかもしれませんね。

都内の某地下鉄での話でした。