俺が少3の頃。

家は母子家庭で金曜の夜から日曜までばあちゃんの家に預けられてたんだよ。
その週もいつも通りばあちゃんの家に預けられてて、遊びに行きたかったんだが、天気もあまりよくないし、家で漫画でも読んでることにしたんだ。

ゴロゴロしながら漫画読んでたらばあちゃん達(その頃はじいちゃんとばあちゃんと母さんの弟二人が家にいた)に「選挙に行くけどついてくるか?」って聞かれたんだが、それより前に行った時につまらないものって、イメージだけはあったんで漫画も読みたかったし断ったんだ。

俺以外は大人だから選挙でみんな出払って、俺だけが家にいる状態でテレビとかつけずに笑いながら漫画読んでたんだが、「ガチャ」って二階でドアノブ開く音がしたんだよ。

最初のうちは誰もいないの忘れてて叔父さんのどっちかかと思ったんだが、ちょっと考えたら誰もいないの思い出したんだ。

泥棒かなんかか・・・と思ったらビビッて動けなかったw

そんな心境で居たんだが、足音の主は気にせず廊下を歩いて階段のところまできたんだ。

こういう言い方で伝わるかわからんけど、うちの家ってリビングに対して階段が垂直にあって上りきるところと下りきるところで横に出る形になってるんだ。

それでいてリビングから階段の降りてる人が見える形になっていて、そこにカーテンがあるから影だけ見える状態。

足音は階段のところに降りてきた。
背は特段高くなかったけど、髪も短かったから男性だったと思う。

その影が足音とともに近づいてくるのを見てて怖いけど動けないって状態のまま固まってた。

そのままカーテンで隠れた階段からついにリビングに降りてきた。
最後に降りてきたドン!という音もしたはずだが、そこには誰もいなくて不気味さだけ漂ってた。

急いでテレビつけて気を紛らわしてばあちゃん達を待って帰ってきてから縋り付いてたw

何年かしてその状況を落ち着いて話せるようになってからばあちゃんに話すと、自分も体験したといっていた。

状況は同じで一人の時に同じように降りてきたところでは誰もいなかったらしい。
それと、多分じいちゃんの方の祖先か誰かが見守ってるんじゃないか?とも言っていた。