私の叔母が大型ショッピングモールで清掃のパートをしてた時の話。

当時オープンから一年ほど経ってはいたものの建物も設備もまだまだ綺麗で田舎の割に繁盛していた。
しかし、そこに勤める従業員の間で不穏な噂が流れ出した。

それは二階のトイレに女の幽霊が出るというものだった。

話としてはありがちだが、記述の通り建物も新しく元々はただの田畑で曰く付きの土地でもない。
叔母が初めてその噂を耳にした時は学校の怪談とか都市伝説くらいの感覚だったらしい。

しかし、その噂が出るのと時を同じくして従業員の怪我や病気が増えていった。
とはいえ何百人もの人が働いていれば多少の偶然はあるだろう。
だか不思議な事に怪我や病気になった従業員の大半は二階フロアで働く人ばかりだった。

そこのショッピングモールは防犯も兼ねてお客と従業員が同じトイレを利用することになっている。
つまり件のトイレを普段から利用していると思われる人ばかりに何らかの影響が出ていたのだ。
それは清掃パートも同じで、二階トイレ担当になった人は体調不良で次々と辞めていくようになった。

そのうち清掃パートの間でも『あそこのトイレだけは嫌だ』という声が続出し、仕方なく一部のパートと本部社員が当番で担当するようになった。

それからしばらくしたある日、清掃の新人パートとしてAさんという中年女性が入社してきた。
仕事を一通り覚え、他のパートさんたちと打ち解け始めた頃、例のトイレの噂が話題に挙がった。

みんなが「気持ち悪いわよね」「当番の人には申し訳ないけれど私は本当に勘弁してほしいわ」などとぺちゃくちゃお喋りしていると、急にAさんが「じゃあ私が今日(幽霊を)持って帰ってあげるわよ」と言い出した。
その場が一瞬静寂に包まれ、すぐにみんなの大きな笑い声が響いた

パートの一人が「やだぁ、どーやって持って帰んのよw」と聞くと、Aさんは自転車の荷台に乗せて帰ると言う。
面白い事言う人ねえ!という雰囲気のまま休憩が終わり各自持ち場に戻って行った。

叔母はその時その場にはおらず、休憩から戻ってきたパート仲間に笑い話としてその話を聞いたそうだ。

そしてその日の終業後、叔母は偶然自転車置き場から帰宅しようとするAさんに会い「聞いたわよぉ。あのお化け持って帰るんですって?」と叔母が話しかけると、Aさんは真面目な顔で「そうよ」と言い自転車に跨がったまま荷台をくいっと指差した。

その真面目な顔に少し戸惑いを覚えた叔母(冗談だと思っていた)は「そ、そぅ・・・気を付けてね」と苦笑いで手を振った。

Aさんは笑顔に戻り、「じゃあまた明日ね」と元気に自転車をこぎだした。

翌日、朝礼でAさんが昨日の帰宅途中に大型トラックに跳ねられ亡くなったと知らされ、叔母含むパート仲間は一斉に仕事を辞めた。